開催概要

市民の代表者で成り立っている議会。民主主義の根幹である議会ですが、果たしていま議会が市民の信頼の上に成り立っているかと問われれば、そう言い難い状況にあります。

そのような中、2008年に市民、議員、自治体職員、学識者の有志により「市民と議員の条例づくり交流会議」が組織され、その活動の一環として、九州でも2010年に「見える化・議会」、2012年に「見えたか・議会」をテーマとして、交流会議in九州が開催されました。

そして、2014年10月に第3弾「見てるか?議会」を企画。準備を進めてきましたが、大型台風の接近により、やむなく延期するに至りました。

それから1年。私たち実行委員会は、この企画を実現させようと随時準備を進め、ようやく、ふたたび「見てるか?議会」をテーマに、2015年10月に行うこととなりました。

堅苦しい講演会スタイルではなく、互いが当事者となって語り合う、新しい話し合いの手法も取り入れた内容になっています。

議会を取り巻く現状がいまどのようになっているのか?議会は市民からどうやって信頼を回復していけるのか?市民はどうやって議会と繋がれるのか?参加者全員で対話し、受け止め合い、未来に向けた語り合いを進めます。

市民とどう繋がっていけば良いのかを学びたい議員、将来議員になりたいという若者、より良き市民社会を市民としてサポートしたいという方々の参加を歓迎します。

新しい未来を私たち自らの手で作っていきましょう!


* 終了しました *  → 当日の模様はこちら

日 時 2015年10月31日(

 全体会・分科会 13:00〜18:30(受付開始12:30〜)

  • 基調講演 廣瀬克哉 法政大学教授「自治体議会改革のこれまでとこれから」(全体会)
  • 実践報告(全体会)
    1 市民(町民)からのもやいなおし…『志免町志民大学』(報告者: 森内 平 福岡県・元志免町志民大学実行委員長)
    2 議員からのもやいなおし…『糸島市民カフェ』、『どこでも議員』(報告者: 高橋徹郎 福岡県・糸島市議会議員)
    3 議会からのもやいなおし… 『議員と語ろう議会報告会』(報告者: 林 威範 福岡県・大刀洗町議会議員)
    コメンテーター:中尾 修  東京財団研究員
    コメンテーター:前田隆夫 西日本新聞
  • 実践ワークショップ「体験しよう!議論の場づくり~見る、見られる、見えてくる~」(分科会)
    ファシリテーター:加留部貴行 日本ファシリテーション協会フェロー
    ファシリテーター:山口 覚 NPO法人地域交流センター理事

 交流会     19:00〜20:30

会 場 さざんぴあ博多(福岡市博多区南本町2-3-1)

参加費 【議員】4,000円 【市民】1,000円 【学生】無料
(参加費は当日会場でお支払いください)

※ 交流会参加の方は、別途参加費 4,000円 をいただきます。
交流会場 大名やぶれかぶれ雑餉隈店(福岡市博多区寿町3−1)


主催 市民と議員の条例づくり交流会議in九州実行委員会
【運営委員代表】廣瀬克哉(自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表)
【地元運営委員代表】神吉信之(ローカル・マニフェスト推進ネットワーク九州代表)

後援 九州市議会議長会、福岡県市議会議長会、福岡県町村議会議長会、ローカル・マニフェスト推進ネットワーク、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟、ローカル・マニフェスト推進首長連盟、福岡県地方自治研究所

市民と議員の条例づくり交流会議 http://www.jourei.jp/
東京都千代田区一番町9-7一番村上ビル6F
Tel: 03(3234)3808 FAX: 03(3263)9463

Copyright © 2015 市民と議員の条例づくり交流会議in九州実行委員会 All Rights Reserved.